2008/10/28

バーエンドバー取り付け(ブロンプトンとの相性は)

081026_093246_edited.JPG
 バーエンドバーというのを取り付けました。それも L型の太いやつ をです。ブロンプトンだったらこういう取り付け方がベターかな。使用感、試行錯誤などご紹介。なかなか具合いいです。
■こんなの買いました

条件は、@径はできるだけ太いもの (グリップ感がいい)
      AL型に近いもの (握り方いろいろできそう)
           B価格はそれなり (金に糸目はつけない 冗談 笑)

品名 TIOGA パワースタッド 6(黒) 2,730円 
購入先  Y'sRoad横浜(桜木町)
外形 : 28mm(実測)、材質:アルミ(のようだ)、
台湾製、ブロンプトンのハンドルバーの外形22mmにフィットします。

  081026_091156_edited.JPG
 (エンドキャップつき)

■バーエンドバーの取り付け手順

1、 グリップをハンドルバーから引っこ抜きます。エンドバーをはめ込む部分だけ、はさみ・ナイフなどで切りとり。切り取った後またハンドルバーにはめ込み(写真)。
  081026_091438_edited.JPG
   (端面はもっときれいに切り取ろう)

2、エンドバーを差込み六角レンチを使って固定。取り付け角度は360度自由に選択が可能です。

    081026_091559_edited.JPG

3、好みの位置が決まったらキャップをハンドルバーのエンドに差し込んで取り付け完了です。

    081026_091655.JPG


エンドバーへの期待
 
  特に長時間乗っているときに体がロボットみたいに型にはまっているようで窮屈になってくることが。すこしだけ姿勢を変えてリラックスしたいなぁというときがあります。握る位置を変えることで実現できないか そんな期待値からエンドバーを発想しました。

競輪のレーサーが走り終えて流すときに上体を起こしリラックスしますね。あんな感じ。


■取り付け位置 ブロンプトンだったらどの角度に?

 3種類が考えられます。

1、前方に倒す

   一般的には悪くないけど、ブロンプトンの場合は難点があります。ハンドルバーの内側にはブレーキレバー、変速用のシフトレバーが固定されておりあとがない。結果、握ったときに窮屈になります。手のサイズ(幅)の小さい方なら問題ないかも。   

  081026_091938.JPG
 (前方にエンドバーを設定)

  2、垂直に立てる

    これも窮屈だね。

  3、手前に倒す

    結局これがいい。

  081025_120201.JPG  

 握りの窮屈さがない。エンドバーを包み込むような握りも違和感無し。
 サドル位置を少し後方に移動させて前傾姿勢にしており、上体を起こしてリラックスするときは手前にバーがあると掴みやすい。バーを利用しいろいろな握り方が可能。
 
 通常はこういう感じ。
 081026_092305.JPG

 ちょっと位置を変えたい。そんなとき。
  081026_092321.JPG

 もうちょと持ち方を変えたい。
  081026_092359.JPG

水平かもしくは10〜20度くらい下向きもいいかも。乗り心地具合によって調整してみてください。

■折りたたんだときの干渉

 気になっていたんですがご覧のように干渉はしません。しかしバーエンドの分だけ出っ張ります。輪行時にカバーに収まりにくいか?前方に向けて取り付けても干渉はしませんが、垂直に立てたときは右側のエンドバーが地面と接触するかどうかが微妙なところです。

  081026_092845_edited.JPG

■使い心地

 ブロンプトンとの相性はというと悪くはないです。より乗りやすくなります。ハンドル周りに余裕ができた感覚です。握り方が多様化したのでその分乗り方が自由になったような気がします。

もうひとつのメリットがありました。エンドバーを取り付けることで、石畳などゴツゴツした路面を走るときにハンドルバーに伝わってくる振動がかなり軽減されることがわかります。実感。

参考にしてみてください。お勧めします。

                 プログ村 折りたたみ自転車
posted by よこあるき at 12:00 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) |   改良
この記事へのコメント
こんばんは。
とうとう、ハンドル廻りに手をつけましたね。
エンドバーを内側に向けるのは気が付きませんでした!
手の平をのせられるし、いろんなポジションも取れて良さそうですね。
Posted by <のすポタ> at 2008年10月29日 22:51
バーエンドバー便利ですよね。
自分はリカンベントなので使い方が人とは違いますが…。
(バーエンドバー自体をハンドル化)
ホームセンターで売ってるスポンジの
パイプ(?)を被せると手触りが良いですよ。
Posted by むるきち at 2008年10月30日 06:31
これ気に入っています。そうですね。手の平を乗せるのって非常に楽です。

むるきちさんのスポンジのパイプのアイデア、こんどホームセンタで物色してみますよ。むき出しのままだと手触りがいまいちだし、冬になるとひんやり冷たそうですしね。

バー&バーだと飲み屋のはしごみたいですが、バーENDバーで自転車用語なんですね。今回初めて知りました。
Posted by よこあるき at 2008年10月30日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブロンプトンに試乗してみました@サイクルモード2008
Excerpt: 高価格に納得の英国製折りたたみ自転車 ブロンプトンに乗ってみました。私的には折りたたみ自転車の中ではBD-1よりもブロンプトンの方が気になります。 結局のところ、折 りたたみ自...
Weblog: 中国自転車生活
Tracked: 2008-11-07 18:32
スポンサード リンク




スポンサード リンク