2007/03/04

横浜のお台場



RIMG0004_20070304.jpg 実は東京だけではなく横浜にもお台場があります。
 

 ちょっと足を延ばすだけで、当時をしのぶ遺構を見ることができます。そんなところをご案内。
(写真:台場跡石垣クリック拡大)。


横浜のお台場は「神奈川台場」と呼ばれ、今のJR横浜駅またはJR東神奈川駅(京浜急行仲木戸駅)から歩いて10分〜20分くらいのところにありました。

明治時代に埋め立てられて陸続きになっていて、現在は大部分がJR東高島駅(貨物線)になっているため、全容を見ることはできません。しかし当時の石垣が部分的に現存しています。



台場とは、幕末に異国船の襲来に備えて設置された砲台で、要塞の一種です。安政年間(1860年)に完成、26千u(約8千坪)の広さで、あの勝海舟の設計・指導で建設されました。

その2年後(1862年)に近くの鶴見で
生麦事件が起こっています。そういう時代でした。もともとは海に突き出た扇形をしています。

探索スポットは3ヵ所です。

■お台場探索スポット1・・・綿花橋を渡って

RIMG0005_20070304.jpg横浜駅方向からだと神奈川公園を経て綿花橋を渡りおよそ30mほど。住宅地の裏側にあります。

石垣の上が駐車場になっておりJR東高島駅に続いています。一応案内標識は立っていますが、場所が分かりにくいので近所の人にたずねるのが早道です。石は伊豆から運んだと言われています。



 ■お台場探索スポット2・・・横浜市場構から

RIMG0007_20070304.jpg横浜市場構内にあります。ちょうどJR東高島駅側の境に位置しています。

普通の人は市場に入る機会が少ないということを考えると、ひょっとして、ここは市場のごく関係者以外は知らないかもしれません。私は「この辺にあるはず」と目星を付け寄り道してみつけました。



お台場探索スポット3・・・今は石だけがころがっています

RIMG0009_20070304.jpg写真の右側(海側)はかつてのNKK(日本鋼管)の工場跡地でしたが現在は高層マンション(コットンハーバー)が建っています。この工事のときに崩したお台場の石垣です。

この石は記念として残してくれるものと期待しています。工事中にみましたが本当はそのまま残して欲しかったですね。

追伸)提供公園横の一画に置かれています。



■「台場」が地名として残っているのはここだけ 
RIMG0006_20070304.jpg
 
台場公園です。この辺で「台場」とつく地名は私の知る限りこの公園だけです。


 東京のお台場はフジテレビが社屋を移転するなどして脚光を浴びています。それに比べ横浜のお台場(跡)はひっそりとして訪れるひともまばらです。

歴史にうずもれたこの石垣をながめながら往時の情景を思い浮かべました。       

                プログ村折りたたみ自転車


TOPに戻る

posted by よこあるき at 13:50 | Comment(2) | TrackBack(1) |    神奈川区
この記事へのコメント
2と3の場所は初耳でした。スポット1は地図に載っていたので知っていたのですが。今度いってみます。
Posted by ろん at 2007年03月16日 22:35
どうぞいらしてみてください。スポット2(横浜市場内)にも説明文の書いた立て札があります。市場の中は入りにくいかもしれませんが平気です。
Posted by JA at 2007年03月16日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

近所に国の史跡があるなんて画像あり
Excerpt: 前から行こうと思っていた砲台跡に行ってみました。ゆりかもめのお台場海浜公園駅が10分くらい歩きます。まず歩いて行ったら小屋を発見?台場地震観測所?この周りで暴れたら地震発生かと思われるのかしら。昨日に..
Weblog: お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り
Tracked: 2007-03-04 23:22
スポンサード リンク




スポンサード リンク