2007/03/25

浦島伝説の地へ

「浦品太郎状態」 「浦島太郎な気分」といえば、昔のことは知っているが長い年月のブランクがあり現状についていけないことを例えるチョー軽めの言葉です。この浦島太郎氏はいったいどこに?そのひとつが横浜にあります。「浦島」の地名が不思議と何かを語りかけてくれそうな、そんな足跡を

旧東海道の神奈川宿沿いに浦島町(横浜市神奈川区)という地名があります。かつては子安通とともに漁師町として栄えた場所です。今では開港後の埋め立てで海ははるかに遠のいていますが、ここが浦島伝説ゆかりの場所です。この周辺にかすかにその面影が残っています。

慶運寺(東神奈川1丁目)
に浦島太郎に関する遺品があります。RIMG0008_20070325.jpg七島町にあり「浦島寺」と呼ばれた観福寿寺(かんぷくじゅじ)が、慶応4年(1886年)の火災で焼失した後、浦島伝説にかかわる記念物が慶運寺にもたらされたということです。慶運寺は観福寿寺から約1.5km横浜駅寄りにあります。また観福寿寺跡地に大正末期に移った蓮法寺にも碑などが引き継がれています。


(写真:慶運寺の亀)


浦島伝説ゆかりの地名
浦島太郎を連想させる地名が残っています。

足浦島丘(うらしまがおか/うらしまおか)・・・町名です。浦島町から線路をはさんだ山側の高台で、亀の滑り台のある浦島小学校があります。

足新浦島町・・埋立地なので新しい町名です。

足龍宮橋(星野町)

RIMG0011_20070304.jpg橋の銘板や欄干は新しくなっていますが、大正12年竣工です。埋立地の一角にあり、ほとんど知られていませんが、海側に大規模マンションができましたので目に触れやすくなり、この名前ですからもしかしたら舞い上がるかも。 実は神奈川台場跡も近くです。




 足亀住町(かめずみちょう)・・・浦島町の隣町です。ちょうどJR線と京急線の間にはさまれた飛び地のようなRIMG0001_20070325.jpg細長い地域です。 ここも明治以前からの町名(町会名)のようで、浦島伝説の亀に由来する命名と思われます。亀住町について次のサイトを引用させていただきます。亀そして人生に対する想い入れが空間を漂うように伝わってきます。ぜひご覧ください
 →夢「亀住町」 

(一部抜粋):明治期前から、この町会名前だったことから、この辺り一帯に、何か亀伝説でもありはしないかと探してみたけれど、歴史は途絶えて、何も伝わっていません。でも、何処かで、不思議な亀に出くわした子どもの話は聞かないか?亀の背中に乗って消えてしまった青年の話は聞かないか?いつの日か、知らない白髪の年寄りがふっと現れたという話は聞かないか?・・・亀は地を這いつくばって生きているではないですか。・・・人もたいして変わるものではありません・・・しかし、病にぐっすりと眠るお年寄りの姿を見ていると、不思議に、子供の姿を思い浮かべることがあります。


このサイトの文章を読んで不思議な気分にさせられました。 
そういえば子安駅(京急)の踏み切りを渡る時に白髪の年寄りに会いましたが・・・なにやら うらしまたろう風・・・。

この地域は踏み切り、歩道橋が多いので自転車では押すか持ち上げる覚悟で行ってください。
二国沿いにラーメン屋さんが数件あるのですが、みな行列が。

                プログ村折りたたみ自転車

 TOPページに戻る


posted by よこあるき at 19:02 | Comment(2) | TrackBack(1) |    神奈川区
この記事へのコメント
おはようございます。昨年7月に折りたたみチャリのデビュー戦で慶運寺に行きました。浦島太郎とおとうさんのお墓を見て感動した記憶があります。その日雨だったので、晴れの日にもう一度行きたいと思います。
Posted by ぶんわん at 2007年03月26日 07:58
ぶんわんさん:さすがですね。慶運寺には今回が初めてでした。滝野川沿いという目星を付けて行ったのですがうまくたどり着けず右往左往しました。
 また近隣の浦島町ではラーメンの美味い店があるようで行列を目にしました。大勝軒、桜花だったかな。
Posted by JA at 2007年03月26日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36843212

この記事へのトラックバック

寝覚の床・臨川寺(長野県上松町)
Excerpt: 浦島太郎にゆかりの場所は、日本に数箇所あります。 いわゆる浦島伝説の残る場所ですね。 その内の1つをご紹介します。 寝覚の床・臨川寺(長野県上松町) 寝覚の床(ねざめのとこ)は竜宮城から戻った浦島..
Weblog: カメ旅ねっと ~亀好きさんの、カメ旅行のススメ~
Tracked: 2007-03-28 10:29
スポンサード リンク




スポンサード リンク