2007/09/09

ブロンプトンとbd-1乗り比べ

 ブロンプトンの1ヶ月定期点検で山下町まで いきました。そのときに小1時間ほどbd−1という折りたたみ機種に試乗する機会がありました。

折りたたみとして常に前面に出る両機種ですが、乗り心地にどんな違いがあるのだろうか。乗り比べてみました。

ブロンプトンとbd−1は折りたたみの両雄でしょうか。人気機種であることには疑いがないと思います。購入を検討されている方がおりましたら、その違いについて参考にしてみてください。
 【試乗】bd−1(Capreo)
 【所有】BROMPTON(M3L)


スポンサード リンク




折りたたみでありながら、まったく設計思想の違うこのbd−1とBROMPTON。乗り心地はどう違うんでしょうか。

081122_112408.JPG
(BROMPTON M3L)

 bd−1を漕ぎ出すときにアレと思ったことは、ハンドルのふらつきです。あまりにもクイックすぎて違和感がありました。しかしbd−1特有の両腕でハンドルを抑えるような前傾姿勢になることで安定しました。前輪車軸とハンドルの距離が関係しているんじゃないだろうか(短いほど不安定)。

RIMG0008_2070902.jpg
(bd−1:試乗車)


iモード乗車姿勢 
bd−1はロード車のような前傾姿勢になります。乗ったとたんスピードを出したくなる、そんな雰囲気です。BROMPTONはもう少し立ち姿勢なのでよりリラックスな姿勢といえます。

iモードハンドル 柔と剛
bd−1にまたがり、走り始めると、がっちりしたハンドルとグリップの握りの良さのためかすごく安定感を感じます。車体は重くはないのだけれど、どっしりとした重量感です。しがみついていれば何とかなるという安心感とでもいいますか。

RIMG0010_2070902.jpg
(bd−1ハンドル ガッチリしてグリップもいいです。右手親指でシフト操作)

一方のBROMPTONのハンドルは、しなるような「やわ」になっています(意識的にこうしているのかな)。このM型のハンドルはハンドルが柔らかでたわみも感じられます。形状からも想像つきますよね。特にスピードを出しているときには大丈夫かなという頼りなさを感じてしまいます。
RIMG0001_20070810_edited.jpg
(BROMPTON M型ハンドル)

ハンドルを‘しなる’ような柔構造にすることで、微振動の衝撃吸収と人への負担をかるくしているのではないか、「柔らかな乗り心地」の理由はこの辺にあるのではと、ひいき目の解釈をしています。

一般的な自転車は、ハンドルをがっちり作ってあるので、むしろBROMPTONが特殊という気がします。このへんの考え方をBROMPTONの社長に誰かきいてみてくれませんか(笑)。

iモード変速シフト 
BROMPTONは内装型、レバーで操作します。bd−1は外装型でボタン操作です。bd−1のほうがラクチンで便利です。段数が多いせいかシフト位置の表示もあります。スピード出ますね。でも街乗りでは1−3段はほとんど使うことはありませんでした。ブロンプトンのほうは慣れれば気になりませんで、むしろ切り替えの心地よさは捨てがたい。

iモードbd−1で坂を上ってみました
bd−1で谷戸坂(港の見える丘公園に行く急な坂)に挑戦。低速ギアでグングンいきます。急坂なので途中から降りて手押しです。登坂力は低速ギアがあるのでBROMPTONより勝っています。bd−1のほうがずっと上。しかし坂はどっちでも疲れる。

RIMG0007_2070902.jpg
(谷戸坂:中区山手町 上りきると丘公園です)

坂道は不得手のBROMPTONです。

iモードスピード 
両者とも巡航速度での推進力はほぼ互角か。トップギアでの1回転で進む距離をみても、bd−1とBROMPTONにほとんど差がないことからもわかります。街中でBROMPTONでロード車と並走したことがありますがそれなりにいけます。ただし平地だけです(笑)。坂を含めた走りはbd−1に軍配が上がると思います。

BRONPTONは坂と向かい風が大の苦手です。

iモード折りたたみ 
これは比べるまでもなく、BROMPTONで衆目の一致するところ。なので特に詳しくは書きません。端的にいうと、「折りたたむ」と「折りたためる」の差。輪行を重視するならBROMPTONです。

コンパクト指向は日本人の得意技であるはずなのですが、自転車に関しては歴史がものをいうんでしょうか。イギリス人すごいね。

iモード荷物の積載 
折りたたみ性能と同じくBROMPTONが勝ります。積載に関するオプッションがいろいろ。逆に、bd−1はスポーツ志向が強いので走り以外の部分は省いています。

信じられないかもしれませんが中長距離ツーリングならBROMTONのほうがいいかもしれません。積載のほかにも泥除けやコンパクトに収まる空気入れも標準装備です。

 関連記事リンク

  ALEXさんの冒険(その1)ラフロードにこそブロンプトン?
  ALEXさんの冒険(その2)あれっ カスタマイズしてますね
  
iモード疲労感 
快適で疲れずに乗れる点ではBROPTONのほうがいいのではと感じています。ただし平地で20kmくらいまでならという限定がつくかな。

べダルを踏んでいるときの滑らかさ、無理なく、足の力がそのまま推進力になるような感覚です。なかなかうまくその理由が説明できませんが。

変速段数がbd−1:8段、BROMPTON:3段であってさえもこの感覚は変わりません。しかし、乗り方、距離、体力などでだいぶ個人差が出てくる部分なので一概に断定はできないでしょう。


ずっとbd−1に乗っていてBROMPTONを買い増した方(2台、うらやましいですが)がいます。ブログで「BOMPTONに乗ると疲れない」という意見がおおいとか。
 
 外部の関連記事
  
不思議な乗物  壮年自転車紀行−45歳からのサイクリング日記−

追)ストップ&ゴーが多い街中で乗るのが一般的です。この辺がBrompton優勢になっているのではないかとおもいます。 (2009/9/9)

ただし、逆にbd−1に乗り換えて「bd−1のほうが疲れない」との意見も。

このへんは個人差があると思います。


iモードトラブルの発生率 
bd−1は前輪の折りたたみ機構がかなり凝っています。変速も外装式、前輪サスペンションなど。なるほどこういう風になるんだと感心。それに比べブロンプトンはトラブルの少ない内装変速機など比較的シンプルです。

どちらがガタがきやすいか、故障や不具合が起こりやすいかという視点でみた場合は、「シンプルイズベスト」の原則から考えるといいでしょう。とくに長くお付き合いする場合は考慮するポイントです。

iモード継続性・一貫性 
新しく買う方でこれを考慮する方は多くはないでしょうね。だけど重要なことではないかと考えます。たとえば電気製品を買うとします。次から次へと最新機能の付いた機種が発売される中、買ったときは最新型ですがその瞬間から中古品になります。

最新機種は自分の持っているものとまったく互換性がない。目移りし次の新機種へ・・・自転車もこれでいいんだろうか?

長い期間、10年〜20年も価値のあるものとして乗り続けたいと思っている方・・・どうします?両社の過去の機種変遷が参考になります。継続性と一貫性ってこのことです。

逆の見方をすると、英国のメーカーは保守的といえるのかもしれません。


iモード体重制限  
BROMPTONは110kg(荷物を含め)。体重80kgの方なら30kg分の荷物が積めるということ。

bd−1はサイトを見たのですが確認できませんでした。
(体重80kgまでは大丈夫という話しですが・・・未確認です)

  このブログ内の関連記事
   
自転車の体重制限のお話し

iモード比較した機種 
 【試乗】 bd−1:Capreo  姿で判断しましたが合ってますでしょうか。
       フレーム:アルミ(7005T6焼き入れ)
       タイヤサイズ:18インチ※
      シフト数:8段変速(外装)
 【所有】BROMPTON:M3L
       フレーム:クロモリ鋼
      タイヤサイズ:16インチ※
      シフト数:3段変速(内装)

 ※Postscript  タイヤサイズは、18インチ/16インチですが、
  実
はほぼ同じサイズです
*(2007/10/8)
   このブログ内の関連記事

     タイヤサイズは同じだったという不思議なお話し(ブロンプトンとbd−1)

これだけでも対照的な仕様です。変速は内装と外装、フレームはアルミと高張力鋼(いわゆるクロモリ)、変速段数など。他の部分もたくさんユニークな点があります。足を使って漕ぐことに変わりはないのですが、「どういう乗り方をする人を想定して作った自転車なのか」がポイント。

iモード走りのbd−1、ポタリングのBROMPTON 
ロード車はフェンダーがない、積載や照明も。ひたすらスピード走行のためムダな装備をそぎ落としています。bd−1もスポーティな走行を目指すこの路線です。ブロンプトンはフェンダーと大きなマッドフラップ、空気入れ、リアキャリア&荷物固定用のゴムひも(Rタイプ)まで標準装備です。欧州スタイルの自転車旅行(宿泊型ツーリングも)仕様と考えていいでしょう。あなたはどちら派?

小1時間の街乗りからの感想ですが、「もっと長距離ならどうなんだ」「アップダウンの激しいところならば」「長時間乗るなら」など、場面場面での比較があると思います。乗っていらっしゃる方いかがでしょうか。興味深いところです。

いずれにしても、叶うなら両方あるといいですね。


   このブログ内の関連記事
     ブロンプトンを買ったわけ(記事8/11)も一緒にどうぞ。

   外部の関連記事

   ブロンプトンとbd−1(欧米ではBirdy)の比較サイトです。
   英文ですみませんが併せてどうぞ。

    
Brompton compared to Birdy   (Postscript 9/23)
        
  
国内でもまだありました。ブロンプトンとbd−1の比較ブログ(Postscript 6/4)

    
BD-1&BROMPTONの乗り心地の違いは?  のすっこポタリスト奮闘中

    ブロンプトンとBD-1のちがい   水木しげるとフジロック、 そしてブロンプトン生活

    
ブロンプトンとBD-1の違い(パンク修理編)   水木しげるとフジロック
      (都内駐輪場マップがサイドバーにあります)  、そしてブロンプトン生活
    
BromptonとBD-1の比較へのコメント(2)  (postscrit 8/12)



                 プログ村 折りたたみ自転車

  TOPページに戻る 


----------------------------------------------

posted by よこあるき at 12:00 | Comment(12) | TrackBack(0) |   気づいたこと
この記事へのコメント
自転車には乗らない(乗れない)のですけど、随分と違うもんなんですね〜。

そうそう、魔女も小型箒を新しくしました。前のは右側のギアが完全にいかれてて、左も最近調子が良くなかったのです。動かなくなったらアウトですから。
ネットで探して、中古ですが、愛媛の店から送ってもらいました。しっかりした店のようなので、送料が多少かかってもいいかなと。
これで、街中を飛び回れます(^^)
Posted by majo at 2007年09月09日 15:32
 自転車よくわからないんですが、よく見分けがついてなんいんで。

スーパーの駐輪場ではまだ見かけたことがないですが。bd−1、BROMPTONはすくないんですかね。
Posted by ろん at 2007年09月09日 18:55
こんにちは:
たぶん、スーパーの駐輪場にはとめないでしょうね。みなさん大事にしているので、街中の駐輪場に止めると、すり傷がついたり、盗難にあったりする危険がありますので。

置きっ放しで雨ざらしになっている可愛そうな自転車をよく見かけますがこの機種ではそういうことはまずないです。

横浜でほんのたまに走っているのを見かけます。注意しているとわかりますよ。
Posted by JA at 2007年09月09日 20:10
でも、そまつにするのもなんだけど大事にしすぎると気軽にのれないなー。そのへん気になるのですが。
Posted by ろん at 2007年09月10日 20:46
それはいえますね。
食事でとめる時は鍵をかけて鉄柱などにまわしておいても、心配なのでつい窓際に座り監視している・・そんな人もいますので。公衆トイレに入るのも折りたたんで持ち込む?
Posted by JA at 2007年09月11日 22:15
私も購入しようと思って乗り比べました(おそらく同じお店)。両者引き分け感。スピード出してスカッとしたいならBD-1、ノホホンと気楽に乗りたいならBROMPTOでしょうか。二兎を追うもの。。。。。
Posted by ばっきっき at 2007年09月15日 21:49
購入前にブログなどで調べたのですが、「BROMPTONはホイールベース(前輪と後輪の軸間距離)が他より長いので乗りやすい」という記事が数件ありました。不思議と皆寸法が書いてありません。実際計っても大差ありませんでした。見た目は確かに長そうにみえますが・・風評の受け売りのようでした。乗り比べ(実地検分)大切ですね。
Posted by JA at 2007年09月16日 11:37
はじめまして。
Bromptonの購入を検討していて、今日試乗で初めて乗りました。
最初にMハンドルに乗ったのですが、慣れないせいか安定感がいまいちだった気がしました。店員さんの勧めで、Sハンドルを乗ってみると、安定感はあるのですが、ブレーキの距離が気になりました。今のところはM3Lを買うつもりなんですが、Mハンドルは付属品等でもっと安定感をつけることはできるのでしょうか?お教えいただけたら幸いです。
Posted by M.K at 2007年09月17日 01:26
M.Kさん:こんにちは。
M型ハンドルの「やわ」な感触に対し剛性を高めたいということだと思います。クロスバーというパーツがあります。Mの真ん中にバーを渡し剛性を増すものです。
このURLに写真が載っていますので参考にしてみてください(ずーっとスクロール)。
http://www.cso.co.jp/partsshop/brompton.html

私自身はこの‘やわハン’が気に入っていましてまだまだこのままでいこうと思っています。
本日40km走ってきました。暑かったぁー。
Posted by JA at 2007年09月17日 20:30
すこし追加しました。
たくさんアクセスいただいているようでビックリしています。

1、写真:ピンボケのブロンプトンの写真を入れ替え(笑)
2、「継続性」を加えました。
Posted by よこあるき at 2008年11月30日 18:28
はじめまして。
MUTSU-YUKIといいます。
自転車を購入する際、bd-1とブロンプトンで迷っていた時、よこあるきさんのこのページを見ました。
とっても参考になりました。ありがとうございます。
結局ブロンプトンM3L RAWカラー 2010モデル購入しました。
その他もよこあるきさんのブログはとってもわかりやすく書いてあるので、多々参考にさせてもらってます。
よろしければ私のブログ(開設したばかりですが)にも紹介させてもらいたいのですが、よろしいでしょうか?
Posted by MUTSU-YUKI at 2009年11月02日 00:33
MUTSU-YUKI san,
はじめまして。RAWカラー、いいですね。
あと、私も加茂屋のアイデア部品に注目していたのですが、使い心地はいかがでしょうか。

>私のブログにも紹介させてもらいたいのですが

自転車乗りの方にブログをシェアしてもらえることは嬉しい限りです。私もリンクさせていただきます。
Posted by よこあるき at 2009年11月02日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク




スポンサード リンク