2007/10/07

タイヤサイズは同じだったという不思議なお話し(ブロンプトンとbd−1)

 以前の「ブロンプトンとbd−1の乗り比べ」という記事で、タイヤ径はそれぞれ16インチ、18インチと書きまRIMG0014_20071006.jpgした。間違いではないんですが両者ほとんど同じサイズであることがわかりました。テレビの大きさを表すインチというサイズは、四角の対角線の寸法なのでわかりやすいんですが(メートル表示がベストだが)、自転車のタイヤサイズは一筋縄ではいかない深い歴史があるようです。
(写真:江ノ島で、bd−1とFRETTA 30代ご夫婦で)

■推理のはじまり

ブログで ブロンプトンのリヤフェンダーをBirdy(BD-1)に付けてみた  という興味深い記事に出会いました( ’折りたたみ自転車で行こうサイクル&トレイン’さんのサイト)。んん?タイヤサイズが違うのにどうしてフェンダー(泥除け)がぴったりつくんだろうか?? ブロンプトンは16インチだしbd−1は18インチでしょ??

スポンサード リンク





■それぞれのタイヤの表示

RIMG0002_20070810_edited.jpgRIMG0008_2070902_edited.jpg
ブロンプトン16×1 3/8     bd-1     18×1.5

ブロンプトンは16インチと1  3/8、bd−1は18インチと1.5 となっています。普通に考えればbd−1のほうが直径のサイズが2インチ(pにすると2インチ×2.54cm)で約5cmは長いはず。かなりの差ですが見た目の大きさはほとんど差がないよう。

■実際の寸法

外形をそれぞれ計ってみると、下のようになります。計算で周長を求めてみました。

           タイヤ直径(外径)  周長
 ブロンプトン   425mm       1335mm 
 bd−1       435mm            1366mm

ということで、その差は外径でわずか1cm(10mm)、周長(1回転の長さ)にすると、3cm(31mm)しかありません。(中学で習った円周の計算なつかしい!直径×円周率(2Πr)ね)

これから分かるとおり、ブロンプトンとbd−1のタイヤサイズはほとんど同じと考えていいです。実際に目で見ても大きさに差はないですしね。ナゼこんなことになるんでしょうか?

■表示している規格の違い
のようです。ブロンプトンはWOタイヤ規格、bd−1はHEタイヤ規格というので表示してあります。

 ブロンプトン 英国(製作も英国):WO イギリス/フランス規格
 bd−1    ドイツ(製作は台湾) :HE  アメリカ規格

これじゃ混乱しますよね。ちゃんとわかりやすくしてくれないかな。共通規格としてETRTOというのが出てきたようで、JIS規格もこれに倣っています。でも実際買う場合のサイズ表示は以前のままですからね。

わかりました?
要は、自転車の歴史の古い国でそれぞれの規格で当然のように使っていてそれが日本人である私達を惑わしている ということのようです。タイヤを買うときは気をつけないといけないですね。規格の違うタイヤはやばそうです。 

2つの規格について一応ウィキペディアから転載しました。

WO(ワイヤードオン): WOはイギリス、フランス規格のもである。タイヤのビード部に鋼製、またはケブラー製のワイヤーがあり、これがリムにはまり込むことでリムにタイヤが保持される。狭義には英国規格のものをWOと呼び、フランス規格のものはクリンチャーと言う場合もある。英国規格のものはインチの分数表記(例:26インチ1 3/8など)されることが多い。フランス規格はミリ表記(例 700-23c)される。

HE(フックドエッジ) : HEは米国の規格である。マウンテンバイクに使用されているタイヤはこのタイプで、同じインチ数でもWOより一回り小さい。タイヤの太さはインチで表記されるが、こちらは小数点表記である(例:26インチ1.75など)

                プログ村折りたたみ自転車

ふーっ、円周の計算までやるとは思わなかった。セイシンテキに疲れました。自転車を漕いで疲れるるほうがいいね(笑)。 フェンダーが共用できるわけです。
 ではまた近々。


  
TOPページに戻る 












 

posted by よこあるき at 16:29 | Comment(4) | TrackBack(0) |   気づいたこと
この記事へのコメント
え? 同じインチなのになぜ?と、魔女の頭ではまだ理解出来ませんが。。。
算数は得意だったけど、数学が苦手な魔女です(>_<)
Posted by majo at 2007年10月08日 10:21
どうも寸法(直径)を計る基準が違うようです。インチではなくインチ気味です。
Posted by JA at 2007年10月08日 21:58
こんにちは。以前、Bromptonの剛性に関して質問をさせていただいたM.Kです。その節はご丁寧な回答していただきありがとうございました。本日、ついに購入しました!色はアップル・グリーンです。納車(10・14)を楽しみにしております。
さて、Bromptonのタイヤサイズが実は18インチには私もかなり驚かされました。ということは、日本製のサイクルコンピュータでサイズを記憶させるものがありますが、やはり18インチで記憶したほうがいいのでしょうかね?
Posted by M.K at 2007年10月09日 02:14
MKさんこんばんは:
グリーンですか。いいですね。私も本当はブルー(限定カラー)かグリーンがほしかったのですが叶いませんでした。
サイコンには、@単純にインチで設定するものと、A周長(1回転で進む間隔)を直接設定できるもの の2種類があります。
@はインチで周長を最大公約数で固定していますので規格の違い、タイヤの違いによるブレを補正できないため精度がいまいちです。もしこれから購入を考えているならば、値段は高めですがAを選んだほうがいいと思います。実際の自転車の正確なデータを反映することができます。
Bromptonは折りたたみ機構ばかりが注目されますが、実は「走り」がすごくいいですよ。
Posted by JA at 2007年10月09日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク




スポンサード リンク