2007/11/03

こじんまりしたこの沿線を自転車で(神奈川)

電車を題材にした歌を少し知っています。当然かなり古いです(笑)。

改札口で君のこといつも待ったものでした 
電車の中から降りて来る
君を探すのが好きでした 
・・・
野口五郎さんの「私鉄沿線」です。27、8年前でしょうか。私鉄沿線というだけで何線なのかが不明ですが、なつかしい歌です。リバイバルで「私鉄沿線02」として2002年にCDがでています。

もうひとつ。

古い電車のドアのそば 二人は黙って立っていた
話す言葉をさがしながら すきま風に震えて

いくつ駅を過ぎたのか 忘れてあなたに聞いたのに
じっと私を見つめながら ごめんねなんて言ったわ

西島三重子さんが歌う「池上線」です[1975年(昭和50年)]。なんともノルスタジックでしっとりした曲で大好きでした。40代、50代の方でしたらご存知のかたも多いと思います。東急池上線は蒲田から五反田までを走るたった11kmの小さな路線です。鉄道マニアではないのですがこの歌をきっかけに東急池上線が好きになりました。

とはいっても池上線はよく知りませんで、一度だけ池上本門寺に花見に出かけたときに乗ったっきりです。墓場での花見はまたおつなものというのが印象でしたが。

はなしを近場にうつしましょう。

神奈川でいったら小ささとユニークさという点からすると

 ・大師線(京浜急行)
 ・鶴見線(JR)
 ・江ノ電(江ノ島電鉄)
がベスト3ではないかと私は思っています。

電車に乗らないで(のってもいいです;)線路に沿って自転車でポタリングにいいくのもおつです。それぞれ特色があるし、こじんまりしていて結構楽しそうです。  

■江ノ電
一番有名なのはいうまでもなく江ノ電です。10km程度でしょうか。海・山・河・トンネル・路面ありこんな変化に富んだ電車は珍しいんじゃないでしょうか。これが藤沢から鎌倉駅まで30分ぐらいの間に詰まっている、まさに箱庭電車と呼んでいいと思います。「のんびり度Aクラス」が受けている理由です。寄り道、それもまたよし。でも私の知る限りですが、不思議なことに、ご近所のサザンの歌に登場しません。あまり乗らなかったのかも知れません。

■鶴見線
「鶴見線」は知る人ぞ知るユニークな路線です。鶴見駅から扇町まで、途中2つの支線があります。10kmもないでしょう。かつて京浜工業地帯の通勤の足として作られましたが、今となっては石見銀山のような産業遺構的な雰囲気があります。駅名も相当ユニークで世界遺産へ申請か(爆)。朝晩の通勤時間帯以外は1時間に1本程度しか走っていません。確かほとんどが無人駅です。国鉄民営化の時は存続が危ぶまれるのではないかと思っていましたがなんとか持ちこたえているようです。なので鶴見線関連のサイトをみると題名は自然と「がんばれ鶴見線」となります。援軍うれしい限りです。今回取り上げた3つの中では一番愛されている路線だと思います。

かつては仕事柄よく乗りましたが、自転車で走ったらまた新たな発見を期待できそうです。ホームから釣り ができる海芝浦駅、昔から知ってるが、最近は釣り禁止なんだろうか?(ずっと禁止だったかも。ホームから釣りをする発想自体が跳んでいる)

■大師線
「大師線」は名前のとおり川崎大師への参拝客の輸送を目的に作られました。川崎駅から小島新田駅まで、臨海工業地帯であるため大師への参拝客とともに工場への通勤路線でもあります。5km程度でしょうか。大師という名前の外は地味な沿線です。冒頭に「それぞれ特色がある」と言ったんですが、何を書こうかと困ってしまっています・・・まあ、こんな路線もあるという話しの種にのぞいてみてください。しいて言えば屋台の立ち飲みです(川崎大師〜小島新田)。ハンチュウというのがあります。焼酎をビールで割ります(焼酎3、ビール7)、酔い心地がよくて、これいけますよ。この地域では「ハンチュウ」といえば「ハイヨッ」という具合です。あっ、そうそうもうひとつ、多摩川サイクリングロード がすぐそばです。


自転車でのんびりと電車沿線のポタリングよさそうです。近々走ってみたい沿線のお話しでした。

                プログ村折りたたみ自転車  

再び「池上線」です。

あなたは2度とこないのね
池上線にゆられながらきょうも帰る私なの
(西島三重子さん「池上線」)


失恋の歌なんですが、ここに「鶴見線」をいれてみると、「大師線」をいれてみると、「江ノ電」を????
ゴロはよくないし、しかも鶴見線と大師線はどうしても異次元の生活臭がはいるし乗る動機がいまいち、江ノ電は明るすぎて失恋とは無縁だし。なんて考えるとやはりこの3つの沿線は歌にはならないですね。 

iモード姉妹記事:あわせてみてください 走ってみたい道(神奈川)
 
iモードYou tubeで西島三重子さんの池上線、 見つかりました。よかったらこの歌どうぞ(どうしても聞かせたいらしい)。
   池上線(西島三重子)
 (Postscript 2007/11/5) 

 
   TOPページに戻る 
posted by よこあるき at 22:49 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) |    鶴見区
この記事へのコメント
こんばんわ。
線路に沿って自転車でポタリングって
何となく想像しただけでも、楽しそうですね。
その場合は、やはりメジャーどころよりも
やはり、マイナー路線が気分かも・・・
「何も無い」と言うのも、逆に魅力を感じます(笑)

個人的には、世田谷線の沿線に興味があります。
Posted by JUN at 2007年11月02日 22:59
街中を走る江ノ電、いいですよね。
TVでも良く見かけます。

うちの方の私鉄と言えば…三陸鉄道と銀河鉄道かな…(^^;
なんだか、私鉄のイメージにはほど遠いのですけどね。
Posted by majo at 2007年11月04日 20:07
江ノ電は観光地であり地元の人からも親しまれていてそういう意味では別格なんでしょうね。
鶴見線や大師線に、□△×線ファンクラブというのがあったらはいりたいものです。
Posted by JA at 2007年11月04日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63975164

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク




スポンサード リンク