2008/06/11

鶴見線沿線を走る(その1)

このところ週末は雨がちですが何とか晴れ間が。前から行ってみたかったJRRIMG0034_20080607.jpg鶴見線沿線を終着駅まで散策しました。12駅全て無人駅(始発の鶴見駅以外)かつ朝晩を除いては1時間に2本しか運行していない というところが見どころでしょうか(笑)。
(写真 時刻表)

首都圏それも、横浜・川崎の中心部にこんな路線があったの?と思うぐらいの貴重な路線です。鉄道マニアには有名らしいです。かつての日本の発展を支えた由緒ある線でもあります。


■感動ものの国道駅 (鶴見駅の次)

昭和レトロの本物がまだ生きている、そのまんまの駅です。なんで「国道駅」かというと国道15号線(第一京浜)のそばにある駅だから。今だったら「△△が丘」「○○台」といま風に名付けるところ。生麦の旧東海道、魚河岸のそばです。明治期は「国道」という名前が今風だったかもしれません。

鶴見線のガードが見えます。

RIMG0002_20080607.jpg
(生麦魚河岸通)

昼でも薄暗いこのガード下を入っていくと国道駅です。
RIMG0010_20080607.jpg

長さは20mくらいでしょうか。こんな風景です。
RIMG0004_20080607.jpg

ここからホームに上がります。もちろん駅員さんがいない無人駅。改札の柵も木製で、んんーんなつかしい。SUICAをピッとスキャンする機械はちゃんとありますが。切符をかったら勝手に上がっていけばOK。
RIMG0006_20080607.jpg
(国道駅 改札)

このガード下には何があるかというと・・・。

不動産屋さんの看板ですが、営業している様子がないんです? この古風な看板は昭和のテレビドラマの舞台装置のようです。
RIMG0005_20080607.jpg
(空家?やってるふうがない)

改札の向かい側の居酒屋。ここは平日は営業していそうです。やはり平日の勤務明けあたりに来てここで一杯っていう感じが似合います。
RIMG0007_20080607.jpg

RIMG0046_20080607.jpg

この並びに古い木造の店が続いていますが改修中でした。
奇妙な空間に入り込んだなぁというのが第一印象。しかし・・・ここはあのにぎやかな鶴見駅から800mしか離れてないんだけど?! 「やばい。平成20年の世界にもどらねば」って感じた次第であります(笑)。

降り立って雰囲気を味わっていただきたいと思います。

■弁天橋駅

国道駅から2つ目の駅です。瀟洒な駅舎の雰囲気いいですよね。ここももちろん無人駅です。近くに旭硝子があります。

  RIMG0016_20080607.jpg
  

■浅野駅近くから電車を


1時間に1本ですから、電車に出合えたことだけで幸運だったと言わなくちゃ。電車の座席はというと ガラガラでした。手前の船は釣り船です。

RIMG0020_20080607.jpg
(末広橋から)


■武蔵白石駅

川崎市(川崎区)になります。この辺まで来ると、民家は少なくなり工場が中心、駅の向こう側が日本鋳造、道のこっち側は富士電機です。

RIMG0027_20080607.jpg

■浜川崎駅

駅舎はありませんで、ここが改札です。無人駅ですからこれで十分だね。この向かい側に南武線浜川崎駅がありますが接続されていません。

RIMG0028_20080607.jpg


■終点の扇町駅

昭和電工の守衛さんにきいてやっと駅の場所がわかりました。適格に教えてくれましたがなぜか険しい神経質な顔。何で好き好んでこんなところまで と顔に書いてありました。業務中に失礼をばいたしました。

RIMG0033_20080607.jpg


 RIMG0035_20080607.jpg
 (車両止め)

【走行ルート】
 横浜駅下車 ‐ 国道駅 ‐ 鶴見線沿線沿い ‐ 扇町駅‐ (沿線沿いに戻る) ‐ 横浜駅

【走行距離】
 32km (鶴見線の線路自体は10km程度です)


【感想】
この地域は、昔社会科で習ったかつての京浜工業地帯の中核地域です。いまは郊外へ移転したりしていますが町工場が目白押しの地域です。安善駅、浜川崎駅までは工場と住宅地が混在していますが、もっといくとほとんど企業だけになります。平坦100%なので走りにくいという部分はなく、また公園などもありますので休息にも事欠きません。休日なら比較的道路もすいているのでのんびり走ることができると思います。コンビニが少ないのが玉に瑕(きず)。探すのに一苦労しました。工場に働く人相手の商売なので、個人商店も休日は一緒にお休みのようです。

駅舎は国道駅が特筆ものです。ガード下なのでそのまま生き延びたのでしょうね。できればこのまま残してほしい駅のひとつです。

(その2)で沿線の雰囲気などをお伝えできればと思っています。
ありがとう。では、また。

   プログ村折りたたみ自転車


 つづく
posted by よこあるき at 07:36 | ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) |    鶴見区
この記事へのコメント
その2が楽しみです
Posted by otamego at 2008年06月11日 13:02
こんばんは!
JAさんは輪行の達人ですね。
国道駅は戦時中の空襲を生き抜いたような駅ですね。横浜にはそうした空襲を生き抜いた駅が多いようです。
西区戸部周辺や平沼にもそんな場所が残っています。
貨物路線で電車が走らない引込み線もありますよね。
地方に行くと廃線になった場所を探すのも面白いですね。
面白いブログですね〜。
お気に入りに入れますね。宜しく。
Posted by 横浜十六吋倶楽部 at 2008年06月11日 21:52
こんばんは。
おほめいただきありがとう。
仕事の方が立て込んできていますが、精神的にバランスをとらなきゃと思っています。週末ライダーですが、時間が許せばもっと乗りたいですね。

Y'sBIKE横浜店があることを最近知りました。雨がちだし休みに覗いてみようかと。
Posted by JA at 2008年06月12日 22:44
Y'sBIKE横浜店は、桜木町ですね。
たまにパーツを買いに行きます。
近いうちにミニベロミーティングしましょう!
Posted by 横浜十六吋倶楽部 at 2008年06月14日 10:09
横浜十六吋倶楽部san,
こんばんは。ありがとう。月例荒川サイクリングに5月に参加しました(初)。なかなかいいサイクリングができました。よろしければ7月定例あたりの参加はいかがでしょう。6月は15日開催ですがどうも行けそうにありませんが7月にはまた参加しようかと思っています。
Posted by JA at 2008年06月15日 01:01
ありゃ?? 私も5月に参加しましたよ!
ピクニカ改は私です。
きっとお会いしてますね。
なんとなく覚えています。
横浜からの参加者は3名いましたので・・。
私は16インチばかり5台所有しています。
Posted by 横浜十六吋倶楽部 at 2008年06月18日 15:12
いやぁー。そうでしたか。ピクニカ改:注目を集めていました。覚えています。30km走ったのですが連続して走るのは慣れていないせいか帰りはひざががくがくでした。自分のペースを把握しなければとつくづく感じました。
Posted by JA at 2008年06月19日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク




スポンサード リンク